AGA治療とは?原因によって異なるその方法

何かとストレスの多いこの時代、若いころから薄毛に悩む男性が多いですよね。
AGA(男性型脱毛症)をご存知ですか?これは、髪の毛一本一本の寿命である「毛髪サイクル」が乱れ、髪の毛が十分に成長しないうちに抜けてしまう病気です。

この病気が発生する原因としては様々ありますが、主なものとしては遺伝、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れがあります。

ただし、遺伝・生活習慣の乱れはホルモンの分泌異常につながるので、一番重要なのは男性ホルモンの分泌を正常にすることといえるでしょう。

ここでいう「男性ホルモン」とは、男性の体に活力をもたらすホルモンである、「テストステロン」のことを指します。生まれつきこのホルモンの分泌が少なかったり、生活習慣が乱れることで分泌が阻害されてしまうことで、毛髪の順調な成長が阻害されてしまうのです。

AGA治療するための方法は?

では、このAGAを治療するための方法としては、どのようなものがあるのでしょうか。

それは、原因によって異なります。

例えば、ホルモンバランスが乱れ、テストステロンの分泌を阻害する男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が発生していることが原因となっているのであれば、その分泌を抑える薬を処方してもらうことが必要です。

また、生活習慣が乱れていることで、頭髪の成長に必要な栄養分、例えば亜鉛などが十分に摂取できていないことが原因なのであれば、サプリメントを飲むことで効率的に栄養分を摂取することが治療となります。

最近では、針やお灸、マッサージなどの、東洋医学で用いられる方法を利用した治療方法の研究も進められています。
薬を利用するのであれば必ず考えておかなければならない副作用も、東洋医学による治療なら心配いりません。薬が苦手だという方は、こちらを試してみるのもいいかもしれませんね。

いずれにしても、素人が自分で原因を判断することはなかなか難しいのが現実です。
専門医のもとで診断を受け、適切な治療方法を選択することが望まれます。

さらに、AGA治療において重要になってくるのが、治療を継続することです。
すぐに効果が表れないからと言って、もしくは少し改善の兆しが見えたからと言って治療を途中でやめてしまうようなことがあれば、すぐに元の状態に戻ってしまいます。そのため、数か月は同じ治療を続けている必要があります。

治療を継続される為には、通いやすいクリニックを選ぶことが肝心です。例えば大阪なら「AGA治療クリニックの大阪ランキング決定版」などを参考にすると良いでしょう。

いかがでしたか?AGA治療は根気よく継続しなければなりませんが、様々な方法が開発されています。
ぜひ、お医者さんと相談の上、ご自分にあった方法を見つけてくださいね!

日本で認可されている3種類の薄毛治療薬

薄毛に悩む方は非常に多く、薄毛の原因は多種に渡り、治療方法というのも原因によって違います。
薄毛の原因の大半はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるもので、その治療に用いられることが多いのが薄毛治療薬です。

薄毛治療薬と言っても種類は一つではなく、症状などに合わせて様々な治療薬があります。
現在日本で認可されて使われている様々な薄毛治療薬にはどんなものがあるのか、その効果などを御紹介します。

・プロペシア

まず日本で一番有名なAGA治療薬とも言えるのが、このプロペシアです。
主成分はフィナステリドで、AGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンを生成する「2型5αリダクターゼ」という酵素の働きを阻害することで、薄毛や抜け毛の進行を遅らせる効果があります。
簡単に言えば、抜け毛予防をする薬であって、生やす薬ではありません。

アメリカのメルク社が開発した薬ですが、日本では2015年で特許が切れていて様々なジェネリック品が登場しています。副作用としては「肝機能障害」「性欲減退」「勃起不全」「胃部不快感」といったものがあり、女性や未成年には処方禁止となっています。

・ミノキシジル含有薬

次に有名なものといえば、このミノキシジル含有薬です。
主成分はミノキシジルで、血管を拡張させることや髪の毛の生成・成長と関係する毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させることで、発毛効果があります。

プロペシアと違って、抜け毛を予防するのではなく直接生やすということで、AGA治療にはこの2種類をセットで利用することが一般的となっています。

日本では、大正製薬から販売されているリアップなどが有名で、クリニックなどによっては独自配合の薬剤や海外で販売されているロゲインなどが処方されることもあります。

副作用としては、「髪以外の体毛も濃くなる」「血圧の低下」「体のむくみ」といったものがあります。

・ザガーロ

長らく日本では上記2つのみが認可薬として利用されてきましたが、2015年9月に新しく認可されたのがこのザガーロです。
主成分はデュスタリドという成分で、フィナステリドと同様に「2型5αリダクターゼ」に作用するのですが、こちらはさらに「1型5αリダクターゼ」にも作用します。

効果もフィナステリドと同様で抜け毛予防、そして多少ではありますが発毛効果もあると言われていて、純粋にフィナステリドの上位互換という風に捉えても良いでしょう。

副作用もほぼ同じですが、「頭痛」「抑うつ」といったものが増えています。イギリスで作られた薬で、将来的にフィナステリドと入れ替わっていくと予想されています。

日本の厚労省が正式に認可しているのはこの3つで、どこのクリニックでもこれらの薬が処方されます。
副作用などもありますから自己判断で利用するのではなく、かかりつけの医師と相談した上で慎重に利用するようにしましょう。

AGA治療に効果的とされているプロペシア

プロペシアは、男性専用クリニックなどでのAGA治療で処方される飲み薬です。
AGAとは男性型脱毛症のことで、これは男性ホルモンのテストステロンの変質が原因のひとつとされています。

テストステロンは、本来は体を男性らしくするために働くホルモンです。
これがしっかりと働いていると、毛母細胞の働きが活発になり、髪が生えやすくなります。

しかしテストステロンは、体内酵素のひとつの5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロンになります。
ジヒドロテストステロンは、テストステロンとは逆で、毛母細胞の働きを阻害します。これにより髪は、抜けやすく生えにくくなるわけです。

そしてプロペシアは、この5αリダクターゼを抑制するフィナステリドという成分で作られた薬です。
服用により5αリダクターゼがおとなしくなれば、それだけテストステロンはジヒドロテストステロンに変質しにくくなります。
すると毛母細胞の働きが保たれることで、抜け毛は減っていきますし、発毛はスムーズになっていくのです。

個人差がありますが、プロペシアを1年間服用した人のうち約60%が、AGAの改善効果を実感できています。
残りの約40%の人は、改善効果は見られないものの、現状維持には成功しています。つまり、AGAの悪化を食い止めることができているわけです。

また3年間服用した人の場合、約80%に改善効果が、約20%に防止効果が出ています。
このようにプロペシアは、AGAの治療には非常に効果的な薬と言えるのです。
そのことからAGAに悩む多くの人が、プロペシアの服用を求めてクリニックを受診しています。

プロペシアは個人輸入できる?

また、プロペシアは個人輸入でも入手することが可能となっています。
日本国内のドラッグストアなどでは市販されていませんが、海外の製造元からなら購入できるのです。

ただし個人輸入は、言語の壁があるため簡単なことではありません。
そのため近年では、個人輸入を代行する業者が増えてきています。
そこに依頼すれば、日本語でのやり取りで手軽にプロペシアを購入できます。

クリニックの場合は診察費もかかるので、それがかからない分個人輸入の方が、費用負担は少なめと言えます。
具体的には、プロペシア1ヶ月分の場合、クリニックでは診察費を含めて1万円前後が相場となっています。しかし個人輸入の場合、5千円前後で入手できるのです。

またプロペシアにはジェネリック医薬品もあり、これもやはり個人輸入で入手できます。
この場合はさらに費用負担が少なく、1ヶ月分の入手にかかる費用は2千円程度で済みます。

AGA治療と育毛剤の違いそんなにない?

育毛剤というのは、薄毛の改善をするときには真っ先に使われるアイテムですが、最近はAGA治療というものもあるので、どちらが良いのか?悩む人もいるのではないでしょうか?

この2つは一体どこが違うのか?というと、違いとしてはあまりないです。
というのも、AGA治療においても育毛剤のように、毛をはやすための成分が含まれた薬を使いますが、その薬の成分は育毛剤との違いを見出すのが難しいくらい似ている場合があるのです。

したがって、実際に髪の毛に浸透させる成分で言うと、AGA治療と育毛剤はほとんど差がないので、この点に関しては同じとは言えないことはないです。

しかし、大きな違いがあって、それはどこまで適切な成分を使うことができるか?です。

AGA治療においては専門医が診断したうえで治療薬を使ったりすることになるわけですが、ちゃんと専門の人が自分の頭皮の状態などをチェックしたうえで治療方法を決めたり、治療薬を決めたりするので、そこは育毛剤よりも効果を高められる部分になるでしょう。

育毛剤というのは、自分が選ばないといけません。
しかし、自分自身は薄毛に関してそこまで知識があるわけではないので、適切なものを選べる保証はありません。

だから、効果が出る可能性はどうしてもAGA治療よりも低くなってしまうと言えるのです。
育毛剤を使用しても効果が出ないので、AGA治療のクリニックを訪ねるというケースはあるようですが、その逆はほとんど聞かないと思います。

AGA治療を受けて効果がなかったら育毛剤を使うというほぼないと思うので、基本的にAGA治療の方が効果への期待は大きいと言えます。
しかし、トータルでかかる費用に関してはAGA治療の方が高いです。したがって、誰もがAGA治療を選択できるとは言えません。

そして、育毛剤はそこまで高いと言えるものは少ないですから、比較的誰もが始めやすい薄毛の対策と言えます。
そういう意味では、利用のしやすさ、敷居の低さは育毛剤になりますが、育毛剤は結果が出る確率は相対的に低いですし、的外れなものを使用してしまうリスクもあるので、育毛剤をしても効果が出なければ結局AGA治療をしないといけないということになる可能性もあります。

だから、金銭的に問題がないのであれば、最初からAGA治療を受けていくという方がおすすめと言えますが、AGA治療を受けるのは厳しいという人はお金を貯めながら、最初は育毛剤を使用して改善を図っていくというのが現実的な方法になると言えると思います。