AGA治療に効果的とされているプロペシア

プロペシアは、男性専用クリニックなどでのAGA治療で処方される飲み薬です。
AGAとは男性型脱毛症のことで、これは男性ホルモンのテストステロンの変質が原因のひとつとされています。

テストステロンは、本来は体を男性らしくするために働くホルモンです。
これがしっかりと働いていると、毛母細胞の働きが活発になり、髪が生えやすくなります。

しかしテストステロンは、体内酵素のひとつの5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロンになります。
ジヒドロテストステロンは、テストステロンとは逆で、毛母細胞の働きを阻害します。これにより髪は、抜けやすく生えにくくなるわけです。

そしてプロペシアは、この5αリダクターゼを抑制するフィナステリドという成分で作られた薬です。
服用により5αリダクターゼがおとなしくなれば、それだけテストステロンはジヒドロテストステロンに変質しにくくなります。
すると毛母細胞の働きが保たれることで、抜け毛は減っていきますし、発毛はスムーズになっていくのです。

個人差がありますが、プロペシアを1年間服用した人のうち約60%が、AGAの改善効果を実感できています。
残りの約40%の人は、改善効果は見られないものの、現状維持には成功しています。つまり、AGAの悪化を食い止めることができているわけです。

また3年間服用した人の場合、約80%に改善効果が、約20%に防止効果が出ています。
このようにプロペシアは、AGAの治療には非常に効果的な薬と言えるのです。
そのことからAGAに悩む多くの人が、プロペシアの服用を求めてクリニックを受診しています。

プロペシアは個人輸入できる?

また、プロペシアは個人輸入でも入手することが可能となっています。
日本国内のドラッグストアなどでは市販されていませんが、海外の製造元からなら購入できるのです。

ただし個人輸入は、言語の壁があるため簡単なことではありません。
そのため近年では、個人輸入を代行する業者が増えてきています。
そこに依頼すれば、日本語でのやり取りで手軽にプロペシアを購入できます。

クリニックの場合は診察費もかかるので、それがかからない分個人輸入の方が、費用負担は少なめと言えます。
具体的には、プロペシア1ヶ月分の場合、クリニックでは診察費を含めて1万円前後が相場となっています。しかし個人輸入の場合、5千円前後で入手できるのです。

またプロペシアにはジェネリック医薬品もあり、これもやはり個人輸入で入手できます。
この場合はさらに費用負担が少なく、1ヶ月分の入手にかかる費用は2千円程度で済みます。