AGA治療とは?原因によって異なるその方法

何かとストレスの多いこの時代、若いころから薄毛に悩む男性が多いですよね。
AGA(男性型脱毛症)をご存知ですか?これは、髪の毛一本一本の寿命である「毛髪サイクル」が乱れ、髪の毛が十分に成長しないうちに抜けてしまう病気です。

この病気が発生する原因としては様々ありますが、主なものとしては遺伝、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れがあります。

ただし、遺伝・生活習慣の乱れはホルモンの分泌異常につながるので、一番重要なのは男性ホルモンの分泌を正常にすることといえるでしょう。

ここでいう「男性ホルモン」とは、男性の体に活力をもたらすホルモンである、「テストステロン」のことを指します。生まれつきこのホルモンの分泌が少なかったり、生活習慣が乱れることで分泌が阻害されてしまうことで、毛髪の順調な成長が阻害されてしまうのです。

AGA治療するための方法は?

では、このAGAを治療するための方法としては、どのようなものがあるのでしょうか。

それは、原因によって異なります。

例えば、ホルモンバランスが乱れ、テストステロンの分泌を阻害する男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が発生していることが原因となっているのであれば、その分泌を抑える薬を処方してもらうことが必要です。

また、生活習慣が乱れていることで、頭髪の成長に必要な栄養分、例えば亜鉛などが十分に摂取できていないことが原因なのであれば、サプリメントを飲むことで効率的に栄養分を摂取することが治療となります。

最近では、針やお灸、マッサージなどの、東洋医学で用いられる方法を利用した治療方法の研究も進められています。
薬を利用するのであれば必ず考えておかなければならない副作用も、東洋医学による治療なら心配いりません。薬が苦手だという方は、こちらを試してみるのもいいかもしれませんね。

いずれにしても、素人が自分で原因を判断することはなかなか難しいのが現実です。
専門医のもとで診断を受け、適切な治療方法を選択することが望まれます。

さらに、AGA治療において重要になってくるのが、治療を継続することです。
すぐに効果が表れないからと言って、もしくは少し改善の兆しが見えたからと言って治療を途中でやめてしまうようなことがあれば、すぐに元の状態に戻ってしまいます。そのため、数か月は同じ治療を続けている必要があります。

治療を継続される為には、通いやすいクリニックを選ぶことが肝心です。例えば大阪なら「AGA治療クリニックの大阪ランキング決定版」などを参考にすると良いでしょう。

いかがでしたか?AGA治療は根気よく継続しなければなりませんが、様々な方法が開発されています。
ぜひ、お医者さんと相談の上、ご自分にあった方法を見つけてくださいね!